1. HOME
  2. ほぼ関西のおすすめイベント
  3. 技術
  4. 竹中大工道具館: Cross–Laminated Timber ―未来をつくる木のイノベーション

竹中大工道具館: Cross–Laminated Timber ―未来をつくる木のイノベーション

CLT とはCross-Laminated Timberの略称で、板を繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板であり、建築の構造材の他、土木用材、家具などにも使用されています。
CLTは1993 年頃からスイスを発祥に、ヨーロッパ、日本、アジア、北米、オセアニアに広がったもので、さまざまな建築物に利用されています。高層建築が建てられるなど、CLTの利用は近年になり各国で急速な伸びを見せています。特に、木材特有の断熱性と壁式構造の特性をいかした戸建て住宅の他、中層建築物の共同住宅、高齢者福祉施設の居住部分、ホテルの客室などに用いられています。
本展覧会では、CLTという現代最先端の木造建設技術をご紹介します。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会期や開催時間等が変更となる可能性があります。最新の情報は本ページをご確認ください。

展覧会概要

展覧会名
CLT―未来をつくる木のイノベーション
2021年7月24日(土)~9月20日(月・祝)
竹中大工道具館1Fホール
開催時間
9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館
月曜日(祝日の場合は翌日)
入館
大人700円、大・高生500円、中学生以下無料、65歳以上の方500円 (常設展観覧料を含む)
竹中大工道具館、スイス連邦工科大学チューリッヒ
一般社団法人日本CLT協会、株式会社竹中工務店、銘建工業株式会社、ピウス・シューラ、シリガ
国土交通省、環境省、林野庁、スイス連邦経済・教育・研究省、在日スイス大使館、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
VUILD株式会社、株式会社鳥取CLT
パトリック・フレミング(スイス連邦工科大学チューリッヒ)、腰原 幹雄(東京大学生産技術研究所)
チラシ A4サイズ・PDF形式のチラシがダウンロードできます。(約1MB)

| 技術

今後のほぼ関西のおすすめイベントはございません。

Google Translate »